Loading...

社員紹介 Person

活かせるフィールド 活かせるフィールド

活かせるフィールド

あなたの能力が
活かせるフィールドが
必ず見つかります。
多様な人材から成る千代田テクノエースだからこそ、
多様な医薬品施設を創ることができます。
ある人は、エンジニアとして
医薬品施設のプロジェクトを担う一員として、
またある人は、プロジェクトを支える
営業部門や管理部門として活躍できます。
医薬品施設に関するプラントエンジニアリングでは
トップクラスの実績を誇る当社なら
あなたが活躍できるフィールドが必ずあります。

出身学部別配属先一覧

出身学部
建築系
(土木除く)
建築設備系 化学系 機械系 電気系 その他理系 全学部・
全学科
配属先部門 建築
生産設備
建築設備
電気
営業
管理
※スワイプでスクロールしてご覧ください。

主要部門紹介

建築部門
医薬品施設(研究所・工場)の建物の企画・設計・施工の全プロセスを担い、施設の全体像を創造して形にする仕事です。まず最初は、お客さまの経営計画に基づくご要望・条件に加え、生産設備、建築設備、法規などさまざまな要素のバランスを考えた設計図を描きます。そのためにはあらゆる調整が求められます。企画・設計時からお客さまのもとへ出向いて打ち合わせを行い、着工後はお客さまだけでなく施工会社との調整も行います。また設計と聞くと図面を引く作図作業をイメージするかもしれませんが、施工現場特有の環境や諸条件などを調整してお客さまのご要望を実現するのが本来の設計です。その調整結果を図や文字で示したものが設計図なのです。そうして完成した設計図を基に施工管理を行い、医薬品施設を実際に形にしていく仕事です。
生産設備部門
お客さまが研究開発した医薬品を世の中に送り出すために必要となるのが「生産設備(システム)」です。その設計・調達・施工を担っているのが生産設備部門です。研究開発された医薬品を量産・販売へとつなげるために、お客さまから医薬品製造のレシピともいえるデータをもらい、そこから具体的な機械の種類・スペック、タンクの容量、配管の仕様などに展開していきます。最適な機器を組み合わせ、ひとつの生産システムを構築するには、ひとつひとつの要素を根拠をもって展開していかなくてはならないため常にロジカルな思考が求められます。ただ機械単体を据え付けるだけでなく、その膨大な量の機器、配管、計器類がひとつの生産システムとしてベストパフォーマンスを引き出す。まさにプラントそのものを一から創り上げていく仕事です。
建築設備部門
人々の健康に関わる医薬品を産み出すための研究所内や工場内は一般的な建物と違い、医薬品の研究開発や製造の為に適切な環境を常に維持することが求められます。例えば温度・湿度が一定に保たれていたり、クリーンルームのような清浄度の高い空間をつくったり、危険な物質を外に出さないようになど、さまざまなことが求められます。また医薬品は特殊な水(純水や精製水)を必要とします。このように空気(温度・湿度、清浄度、流れなど)をコントロールしたり、特殊な水を精製したりするなど、求められた環境を高い水準で維持する「空調設備」「給排水設備」「衛生設備」の設計・施工を一手に担っています。当部門の優れた技術力が、医薬品の品質を支えているといえます。
電気部門
工場内のあらゆる機器に電気を供給する「電気設備」の設計・施工を担っています。大きな機械から小さなコンセントに至るまで安定して電力を供給することが仕事です。初めから電気設備に対して具体的なイメージを持っているお客さまは滅多にいないため、お客さまが望むさまざまなニーズを対話を重ねながら洗い出していき具体的な設計図として描きます。完璧な設計図を用意できてもその内容・意図をもれなく伝えるのは容易ではありません。そのため設計者自らが施工現場へ赴き、意図通りに施工が進んでいるか管理をします。厳しい品質管理を行っている工場を一瞬たりとも停めないためには、どんな条件下においても電気を供給し続ける堅牢な仕組みがマスト。これを生み出すことが私たちの使命です。
営業部門
新規のお客さまを尋ねてから、受注に至るのは半年から数年先。当部門の営業活動は非常にスパンが長いのが特徴で、腰を据えて信頼関係を築いていきます。お客さまに、こちらからの提案を巧みに伝えることも営業職の腕の見せどころ。プロジェクトが始まると、お客さまの声をプロジェクトチームに届ける窓口としても活躍します。
管理部門
当部門が管理するものは「人事」「総務」「財務」の3つ。当社の経営資源を上手にコントロールしながら「働きやすい環境を整える」こと。会社内のさまざまな経営課題を解決していきます。さらに、最適な経営判断のために必要な情報を経営層に提案することも重要な役割のひとつです。

スペシャルコンテンツ Special Contents

語るプロジェクトストーリー
語るプロジェクトストーリー
医薬品プラントエンジニアリングの数多くの実績をもつ当社。その中でも過去最大級であり、かつ難解な命題に挑戦したプロジェクトのメンバーがその舞台裏を語ります。
Coming Soon